124 comments このエントリーをはてなブックマークに追加
1:名無しさん@涙目です。(静岡県) []:2011/08/12(金) 21:36:05.10 ID:o2fDetgH0?PLT(12025) ポイント特典
3年間にわたってお届けした松任谷由実さんの対談企画「yumiyoriな話」。今回で最終回を迎えることになりました。

松任谷(以下M) 今回、最終回なんだけど、陽水さんとの対談は、ラジオなどで話が来ても温存してるところがあったの。
井上(以下I) 切り札として? 光栄に思います。

M 私が馬車馬のように働いていたバブル後期頃、プライベートな場で、「あなたも終戦工作が大変ね」って言ったの覚えている?
I そんな生意気言いましたかね。
M 「終戦工作なんてしないよ。競走馬のように玉砕するんだから」と、返した覚えがあって。その終戦工作って、どういう状態を指すのか聞きたかった。
I やっかみもあって、まあ、「とてもステキですね」なんて言いながら、ちょっと意地悪を言いたくなったんでしょうね。

M 自分でそう言っちゃうことが、逆に大人の余裕を感じるね。まさしくご自身で終戦工作したかったり、したかのような局面があったのかなと思ったの。
期せずして今日は、初めて100万枚という壁を破った陽水さんと、何年後か200万枚の壁を破った私。時代の体感温度でいうと、その100万、200万と、
宇多田ヒカルさんの800万とは同じ衝撃だったりする。
I そうでしょうね。CDだよね、200万。いいねえユーミンは現代人で。僕、レコードだったから。

M だから、手に入れる手間暇を考えると、100万の重みがより増します。そして、この配信の時代。
I もう、誰も音楽にお金なんか払わないですよ。連想するのはね、ブラジルで、欧米で作ったエイズの薬を使うには特許料を払わなきゃいけないんだけど、
ブラジル政府は「目の前の貧しい人を助けるほうが先でしょう」と、特許を認めなかった話ね。確かに著作権なんて、西洋のある種の文化ですよね。絶対というわけでもない。

M 音楽にお金を払うこと自体が間違ってたのかもしれない。19世紀の頭頃に出版社ができ、楽譜というものを売り始めてね。
I もちろん、ある種の発展というのはあったんでしょうけど、「発展ってどうなの?」っていう時代に来てますからね。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/yumiyori/20110805-OYT8T00743.htm

5:名無しさん@涙目です。(catv?) []:2011/08/12(金) 21:37:57.19 ID:C0no6WVji
ムーミンに見えた

22:名無しさん@涙目です。(宮城県) [sage]:2011/08/12(金) 21:41:00.41 ID:QFGB/VCi0
さすがもうすでに十分以上稼いだ人たちは言うことが違うな

13:名無しさん@涙目です。(catv?) [sage]:2011/08/12(金) 21:39:37.31 ID:wmMCW4Zq0
「音楽を聞かせて金をもらう」はたぶんまだ続く。
「音楽を繰り返し聞く権利」をパッケージ化して売るビジネスモデルはたぶんもう限界。


93:名無しさん@涙目です。(catv?) []:2011/08/12(金) 21:50:33.37 ID:K/hHIL+f0
>>13
もうちょっとわかりやすく説明してくれ。


96:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) []:2011/08/12(金) 21:51:24.17 ID:BcRyF9EG0
>>93
ライブで金は取れる
曲を売って金を得るはできない


134:名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区) []:2011/08/12(金) 21:58:03.34 ID:XvJMYqGBO
>>13
俺もclubにはお金落とし続けると思うわ


9:名無しさん@涙目です。(新潟県) []:2011/08/12(金) 21:39:00.91 ID:h+prhmsU0
歌詞にスポンサー入れればいいじゃん
「盗んだカワサキで走りだす」


687:名無しさん@涙目です。(dion軍) [sage]:2011/08/13(土) 00:32:55.26 ID:beeftgqT0
>>9
マジで天才だなお前


731:名無しさん@涙目です。(東京都) [sage]:2011/08/13(土) 01:07:42.33 ID:ck6NAesW0
>>9
カローラⅡに乗って~


15:名無しさん@涙目です。(dion軍) []:2011/08/12(金) 21:40:06.42 ID:e1VWiG/n0
>音楽に金払う事自体間違ってたのかも」
おうじゃ今まで消費者が払ってた分のかね、かえせよ

17:名無しさん@涙目です。(京都府) [sage]:2011/08/12(金) 21:40:17.10 ID:RleboAOt0
芸術だからな。価値が上下しやすい

24:名無しさん@涙目です。(愛知県) []:2011/08/12(金) 21:41:06.14 ID:0M8ailrU0
ほんと「著作権」ってなんなんだろうな

29:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) []:2011/08/12(金) 21:41:32.15 ID:JiultKbX0
実際金にならなくても音楽やりたい奴がやればいい
今までがおかしかった

41:名無しさん@涙目です。(埼玉県) []:2011/08/12(金) 21:43:23.01 ID:aSUNyT8A0
自分は散々儲けておいて若い世代には間違いだと言う
なんという老害

31:名無しさん@涙目です。(福島県) []:2011/08/12(金) 21:41:58.22 ID:77bLhGkP0
>I もう、誰も音楽にお金なんか払わないですよ。連想するのはね、ブラジルで、欧米で作ったエイズの薬を使うには特許料を払わなきゃいけないんだけど、
>ブラジル政府は「目の前の貧しい人を助けるほうが先でしょう」と、特許を認めなかった話ね。

こいつら、さんざん成功したから余裕なんだろうが、新薬を一つ開発するのにいくら掛かるかとか
まったく思いつきもしないんだろうな。
芸能セレブにありがちな浮世離れ感がたまらないわー


52:忍法帖【Lv=29,xxxPT】 (山陽) []:2011/08/12(金) 21:45:19.75ID:ir4kIDxEO
>>31
じゃあ薬の対価を払えば良いだけじゃないの
それにプラスして特許料払えって言うのをブラジルが拒否しただけだろ


113:名無しさん@涙目です。(福島県) []:2011/08/12(金) 21:54:00.75 ID:77bLhGkP0
>>52
だーかーらー、特許が認められなかったら、世界中の後発品メーカーが即パクっちゃうんだって。
そしたら、誰も巨費を投じて新しいモノを産み出さなくなっちゃうよ。
薬に限った話じゃないよ。
それに、この大物達は自分らが批判してる特許と法的に同じ性質の「著作権」でさんざ儲けてんだからね。
まあ、その浮世離れ感あふれる対談にマゾっぱい気持ちよさを感じちゃうんだけどねw


648:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [sage]:2011/08/13(土) 00:11:21.89ID:AOiJiDUZ0
>>113
巨費を投じずに新しいモノを産み出すことは無くならないよな


44:名無しさん@涙目です。(埼玉県) []:2011/08/12(金) 21:43:45.38 ID:T30dmfo70
90年代なんか音楽ってCDで何万売れたとかそういう事ばっかだったからな
今更だけどもっと身近にあるもんなんじゃねえのと思い始めた
自分で歌うとか作るとか、ミクが結構受けてるのもそういう事なんじゃねえの
私の歌最高でしょ買いなさいランキング1位にしてね
とかそういう事やって売るのがもう限界なんじゃないかと

45:名無しさん@涙目です。(京都府) [sage]:2011/08/12(金) 21:43:45.47 ID:HIpI6YJP0
歌手になる人の夢をぶち壊すこというなよ。

95:名無しさん@涙目です。(福岡県) [sage]:2011/08/12(金) 21:51:23.94 ID:4k6SJjl00
>>45
これが現実なんだよ


49:名無しさん@涙目です。(千葉県) []:2011/08/12(金) 21:44:13.68 ID:0wSQmZo40
間違ってはいないだろw

46:名無しさん@涙目です。(中国・四国) []:2011/08/12(金) 21:43:56.45 ID:beCU5DWOO
高すぎるんだよな

一曲100円くらい、アルバム500円位で店頭でCD売れば売れるよ
データだけでなく手元にオリジナルを置きたい人多いしな

51:名無しさん@涙目です。(dion軍) [sage]:2011/08/12(金) 21:44:49.48 ID:88++eOEZ0
ダウソ厨大勝利!!!

55:名無しさん@涙目です。(千葉県) []:2011/08/12(金) 21:45:33.35 ID:0wSQmZo40
つーかようつべさえつぶせばなんとかなると思うぞw

67:名無しさん@涙目です。(catv?) [sage]:2011/08/12(金) 21:47:23.98 ID:VmNlz3ty0
つまり要約するとジャスラックに喧嘩売ってんのか

68:名無しさん@涙目です。(東京都) [sage]:2011/08/12(金) 21:47:32.50 ID:zHNfTLD9P
GroovesharkとiTunesとspotifyがあればレコード屋ってかCD屋は要らん。
何曲でも聞き放題vsCD一枚売り切りじゃ勝負にならない

69:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) []:2011/08/12(金) 21:47:33.36 ID:mbKyhMUUO
専業音楽家を否定するわけじゃないけど、
兼業音楽家との差はだいぶちぢまったわなと思う

70:名無しさん@涙目です。(北海道) []:2011/08/12(金) 21:47:38.16 ID:lbOqkERWO
私たちたんまり稼いだからwww

75:名無しさん@涙目です。(catv?) []:2011/08/12(金) 21:47:57.23 ID:fQ1w+3370
こういう台詞は
いい音楽を作ってる人が言えることなんだよな
いい音楽にはカネは払う
廃盤にそなえて、CD4枚買ったりも普通にするし

86:名無しさん@涙目です。(千葉県) []:2011/08/12(金) 21:49:54.26 ID:UWqyNgLk0
都会では割れをする若者が増えている

91:名無しさん@涙目です。(catv?) []:2011/08/12(金) 21:50:25.10 ID:9VKnoQ420
アーティストに金払うのは良いけど、音楽制作会社にお金を払う必要性はもうないよね
ネットで配信すれば良いだけ


253:名無しさん@涙目です。(関西地方) []:2011/08/12(金) 22:14:57.06 ID:nznyXC4D0
>>91
それは音楽制作会社からネット配信会社に変わっただけでは?


92:名無しさん@涙目です。(岩手県) [sage]:2011/08/12(金) 21:50:27.55 ID:VZvtDwTc0
大道芸の「感動したらお代はこちら」に戻っていくと思うんだよな投げ銭というか
歌ってる個人を食わせようとは思っても事務所の人間まで食わせようとは思わなくなってる
CD屋のCDが売れないってのはそういうことじゃないのか、ライブハウスとか手売りの個人で焼いてるCDは売れてるだろ


104:名無しさん@涙目です。(神奈川県) [sage]:2011/08/12(金) 21:52:54.12 ID:EV2UK8NB0
>>92
それか大昔みたいに金持ちのパトロンが支えるようになるんだろうな。


97:名無しさん@涙目です。(北海道) []:2011/08/12(金) 21:51:26.24 ID:D6iZdLqn0
お前ら老害がどうたら言ってるけど、
若いミュージシャンがこの発言をすると干されるから言わないだけだよ

101:名無しさん@涙目です。(東京都) []:2011/08/12(金) 21:52:00.66 ID:4E0L5TvU0
コンテンツはタダの時代だからな

103:名無しさん@涙目です。(catv?) [sage]:2011/08/12(金) 21:52:21.29 ID:gUO1q3cZ0
ようつべで聞いてりゃ満足

105:名無しさん@涙目です。(栃木県) []:2011/08/12(金) 21:53:06.44 ID:zduu88jR0
ただなら聞いてやんよ

金払えだと? じゃあいらねwwwwwwww娯楽なんかほかにいくらでもあるしwwwwwww

112:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) []:2011/08/12(金) 21:53:44.58 ID:/zFoW6l/O
単なる娯楽商売なのに、上から目線でカッコつけ過ぎたわな
芸術だのアーティストだのカリスマ性だの天才だのとアホじゃねえかと

123:名無しさん@涙目です。(西日本) []:2011/08/12(金) 21:56:09.23 ID:Sa72sJVjP
金かけても素人がまねできない良い物できるわけじゃないからなぁ音楽なんか
映画は金かけたら素人やTVでは絶対まねできない物が出来るからある程度商品価値は維持できるだろうが
音楽とかはむりだろうな

128:名無しさん@涙目です。(東海・関東) []:2011/08/12(金) 21:56:54.42 ID:Q57us9QyO
優れた技術や才能に対しては、礼として対価は与えるべきだろう。
一般人・アマチュアとプロってのは、想像以上の開きがあるんだから。
カラオケで上手いレベルくらいだと、歌上手いなー程度で、感動は得られないよ。
プロってのは一人で何万人も熱狂させられる程のパワーがある

176:名無しさん@涙目です。(北海道) []:2011/08/12(金) 22:03:51.35 ID:JLd63lAG0
音楽は嗜好品で贅沢品だからな
景気が悪いとモロに影響受けそう

しかも今はタダで持ってく連中もいるしw

210:名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank) []:2011/08/12(金) 22:08:35.91ID:3tIewQJHP
今って自分好みの音楽を探すのがすごく大変な時代だと思う。
どうしてこうなったんかな。


224:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [sage]:2011/08/12(金) 22:10:53.95ID:lUttcDDnP
>>210
まさにそれ。
探す手段は増えてるのになあw


417:名無しさん@涙目です。(埼玉県) [sage]:2011/08/12(金) 22:55:29.95 ID:Y+S/AHsKP
レコード会社通さずに売れば、5000枚くらいしか売れなくてもそこそこ儲かるんじゃないの?
昔は情報源が限られてたから難しかったかもしれないけど、今だったらネットもあるし、
力のあるバンドやなんかは既存のレコード会社だけ丸儲けシステムに乗っからない方がいいんじゃないか。


436:名無しさん@涙目です。(広島県) []:2011/08/12(金) 23:00:14.63 ID:4XnLjK/c0
>>417
インディーズがそれだけど
その界隈に居ると宣伝がいかに大事かってのが分かると思うよ
まぁ音楽好きだけが集まるからそれで何も問題ないけども


505:名無しさん@涙目です。(東京都) []:2011/08/12(金) 23:27:44.46 ID:rFI/EQR/0
>>417
いや実際に
Ustreamと音楽ダウンロード販売Webサービスを使いこなせば
儲かりはしないけど喰えるのも出てきてはいる
しかしパブリシティではやっぱり既存既成のレコード会社には勝てない


516:名無しさん@涙目です。(愛知県) []:2011/08/12(金) 23:30:54.03 ID:LD6dJMI+0
ダウンロード販売は音楽好きのマニアには受けない。所有欲が満たされないから。
使い捨ての音楽販売形態がこの先5年でどうなるかは見ものではある。


524:名無しさん@涙目です。(埼玉県) [sage]:2011/08/12(金) 23:33:03.09 ID:gY6p/ONF0
>>516
たくさん売る商売の基本はマニアを無視することだけどw


615:名無しさん@涙目です。(東京都) []:2011/08/13(土) 00:00:01.49 ID:rFI/EQR/0
>>516
それは書店でのサイン会なんかで作家が営業活動するように
ミュージシャンやアーティストもCD手売りのサイン会なんかをやれば


537:名無しさん@涙目です。(dion軍) []:2011/08/12(金) 23:38:01.68 ID:ShYH3nx40
スレタイの話より
終戦工作が結局何なのかさっぱりわからないのが気になる


558:名無しさん@涙目です。(長屋) [sage]:2011/08/12(金) 23:44:15.21 ID:B8nfdWWh0
>>537
稼げる時にがっつり稼いでやれって事なのかな、と


595:名無しさん@涙目です。(東京都) []:2011/08/12(金) 23:54:08.35 ID:rFI/EQR/0
>>537
ガキをイベントに連れて行くなら
東京ディズニーランドよりも松任谷由実のコンサートのほうがよっぽどいい
あまりのド派手でダイナミックなステージングに
子どもでさえもあっという間に夢中になって手がかからない
と言われた時代なんで


572:名無しさん@涙目です。(京都府) []:2011/08/12(金) 23:47:09.58 ID:ihxVt/9V0
>>537
当時陽水はこんな事を言ってた、
自分の意志をは裏腹に、周りがどんどん進めようとする。
今自分がどこにいて何をしているのかが解らない時があるって。

だから、陽水は音楽に飽きたとか言い出して、
数年間コンサートやらなかった。


550:名無しさん@涙目です。(愛知県) []:2011/08/12(金) 23:41:21.21 ID:ZAkjQ7z/0
山下達郎の見解

Q70 音楽が担う役割は今後、どう変化していくと思われますか?

「パッケージが衰退して、商品としての音楽の存続基盤が崩壊しつつありますよね。
Youtubeやニコ動で見られるわけだから、若い子は音楽にお金を払わない。
それは当たり前だと思うんですよ、僕だってそうするだろうし。
この状況が進んでいくと、レコードが発売される以前の状態に戻るんじゃないですか? 
音楽でお金を稼ぐには、実演しかないという。
昔のダンスパーティーとか、生演奏で踊るっていうことが盛んになってくるかもしれない。
そういう意味では、ダンスと音楽が不可分になっている現状は、当然の結果でしょうね。
まぁ、もう少し見ていかないと、最終的な結論はわかりませんが」
http://www.pia.co.jp/interview/198/page3.php

578:名無しさん@涙目です。(埼玉県) []:2011/08/12(金) 23:49:21.58 ID:HvUbKQzY0
>>550
>1の本文も、当事者の見解ってことでなかなか面白いけど
もう充分過ぎるほど稼いだであろう人たちが意見するのも何かアレだなw


608:ショイコ(dion軍) []:2011/08/12(金) 23:57:21.30 ID:v88tS6Xt0
>>550
> ダンスと音楽が不可分になっている現状
演奏だけじゃダメって感じてきてるんだろうなぁ
しかしタツローさん年取らねーなぁ


765:名無しさん@涙目です。(中部地方) [sage]:2011/08/13(土) 01:25:37.34 ID:+b6Eky820
>>550
陽水と似たこと言うんだな


975:名無しさん@涙目です。(大阪府) []:2011/08/13(土) 02:36:46.61 ID:t1kroLE/0
まあ、音楽に関しては「素人っぽさがウリです」ってのはいらないな。もう

981:名無しさん@涙目です。(dion軍) [sage]:2011/08/13(土) 02:38:31.22 ID:9vLscrv20
>>975
そういうのってセンスがスゲー大事だからな
ここを怠ると目も当てられない


983:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) [sage]:2011/08/13(土) 02:38:59.80 ID:1MwHRntyO
>>975
素人が許されるのはAVだけ

605:名無しさん@涙目です。(長屋) [sage]:2011/08/12(金) 23:56:12.30 ID:pKrE0QDJ0
yutubeの存在が大きい
他の楽曲と比較できるからな
いらない曲を買わなくなった


610:名無しさん@涙目です。(広島県) []:2011/08/12(金) 23:57:54.08 ID:4XnLjK/c0
>>605
実際そこが転換点になってるよね
ようつべ以前、以後があるもの


611:名無しさん@涙目です。(京都府) [sage]:2011/08/12(金) 23:58:08.79 ID:fkj1un/Z0
>>605
音楽って、なにかに付随しないと価値生まれないんじゃないの?
映画やドラマの主題歌や場面とかさ


735:名無しさん@涙目です。(東京都) []:2011/08/13(土) 01:09:51.23 ID:WGTy92k00
>>611
それはそのとおりだ
映画作品単体が映画なのではなく
いつどこの映画館に誰とともにあるいは独りで観に行ったのか
映画鑑賞前か最中か鑑賞後かに何を食べたか飲んだか
という一連の体験を含めたその全てが映画なのである
同様に
その音楽を
コンビニで聴いたのか牛丼店で聴いたのか
お付き合いしている相手を乗せて車を運転している最中に聴いたのか
どこかへ急ぐ途中のタクシー車内のカーラジオで聴いたのか
そのような音楽に付随する体験が
後にその音楽を聴いてその体験を喚起され
あるいは後に同様な体験を再度してそういえばあの時にはあの音楽がと想起する
そうした音楽とともにある体験の記憶をも含めたその全てが音楽である


684:名無しさん@涙目です。(愛知県) []:2011/08/13(土) 00:29:54.08 ID:OssG3pXlP
>>1
>I もう、誰も音楽にお金なんか払わないですよ。連想するのはね、ブラジルで、欧米で作ったエイズの薬を使うには特許料を払わなきゃいけないんだけど、
>ブラジル政府は「目の前の貧しい人を助けるほうが先でしょう」と、特許を認めなかった話ね。確かに著作権なんて、西洋のある種の文化ですよね。絶対というわけでもない。
>
>M 音楽にお金を払うこと自体が間違ってたのかもしれない。19世紀の頭頃に出版社ができ、楽譜というものを売り始めてね。


こいつらは本当に大人で社会人なのか
中学生とかじゃないのか


876:名無しさん@涙目です。(関西地方) []:2011/08/13(土) 02:04:14.85 ID:+sWAE0om0
>確かに著作権なんて、西洋のある種の文化ですよね。絶対というわけでもない。

すごいこと言うな

>>684
用水はもうそれで金を稼ぐ必要ないから
概ね中学生と一緒だろう

そして狂っているのは金に囚われてるお前だろう
別に金が今のように巡らなくても音楽は廃れないからな


892:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) []:2011/08/13(土) 02:12:06.38 ID:/P9pbyay0
>>876
面白いのは、音楽は必要か?って疑問は一切持ってないところだと思うわ
いつの時代でも同じように絶対必要って確信みたいのがあって、あくまで商売的にどうかって話だけしてる
で、商売的に「ある種の発展というのはあったんでしょうけど」とw


953:名無しさん@涙目です。(関西地方) []:2011/08/13(土) 02:30:49.30 ID:+sWAE0om0
>>892
音楽が無くなるとかありえないよ
そりゃあ杞憂すぎるよ
猿でも踊るんだから
最小限でも文化があるかぎり音楽は残るよ


784:名無しさん@涙目です。(長屋) []:2011/08/13(土) 01:34:22.91 ID:wpVm1TQ+0
昔はたった一曲をいち早く聴くには
シングル1000円も出して買うしかなかった
ちゅうがくせいの俺もなけなしの小遣い握りしめて必死だったよ

本当にひどい時代だった
そりゃ音楽業界金で溢れるわな
子供からも大金巻き上げてさ

796:名無しさん@涙目です。(神奈川県) []:2011/08/13(土) 01:40:19.63 ID:QXI5Iky00
そのうちCDも博物館入りしそうだな
案外、10年後だったりしてw


http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1313152565/