67 comments このエントリーをはてなブックマークに追加
36:名無しさん@涙目です。(長屋) []:2011/04/05(火) 22:52:17.30 ID:2mzPtp390
典型的なエリートパニックだな

http://kousyoublog.jp/?eid=2573
■なぜ災害が起きるとエリートはパニックを起こすのか
災害社会学者キャスリーン・ティアニーは主に公的機関や、通常、
一定の権力を行使できる立場にいる人々が災害時には往々にして
パニックに陥る例が多くみられることから、そのような行動を
「エリートパニック」という語を用いて表現した。エリートパニックとは
「社会的混乱に対する恐怖、貧乏人やマイノリティや移民に対する恐怖、
火事場泥棒や窃盗に対する強迫観念、すぐに致死的手段に訴える性向、
噂をもとに起こすアクション」(P172)で、この「エリートパニック」は
例えば1906年のサンフランシスコ大地震時に市長や軍の一部指導者による
市民の銃撃指示、関東大震災時に行われた大杉栄殺害事件や朝鮮人襲撃、
ニカラグアのマナグア地震時の独裁政権による略奪・暴行、
ハリケーンカトリーナの際のニューオリンズで見られた黒人差別や貧困層が
避難した避難場所の隔離政策、などなど過去の様々な災害時に数多く見られた。
<中略>
つまり、"エリートは人々がパニックになるのではないかと恐れるがあまりパニックになる"
という笑うに笑えない状況が災害時に多く見られ、上記の例の様に市民に銃を向けたり、
あるいは情報を隠蔽して人々を危険にさらすことがあるという。
スリーマイル島原子力発電所事故の際には市民は大した混乱もなく十五万人が
自主的な避難を行ったが、知事が避難命令を行ったのは「原子炉底部の半分がメルトダウンし、
閉じ込め機能が破られる」三十分前で、住民がパニックになることを怖れる余り、
情報公開を遅れさせ、人々が危険な状態におかれたという。

59:名無しさん@涙目です。(東京都) []:2011/04/05(火) 22:56:30.46 ID:6JCkFbP70
>>36
>"エリートは人々がパニックになるのではないかと恐れるがあまりパニックになる" という笑うに笑えない状況

まさに今これ


289:名無しさん@涙目です。(catv?) []:2011/04/06(水) 00:06:00.96 ID:ieAd6ggm0
>>36
そのまんますぎてわろたw



気象庁拡散予測「公表すべきだった」…官房長官 : 社会 : YOMIURIONLINE(読売新聞)