16 comments このエントリーをはてなブックマークに追加
22: 羽根ペン(埼玉県) []:2010/01/04(月) 17:02:01.24 ID:IhWX3t2r
「紀效新書」1595年 戚継光
「これは日本のサムライが明に攻めて来た時に初めてわかったことである。
彼らは舞うように跳び回り、前方への突進は光が閃くようで我ら明の兵は
恐れおののくのみだった。 日本人はよく躍動し、一息で一丈(約3m)も
飛び込んできて、刀の長さは五尺なので一丈五尺の間隔があっても攻撃される。
我が兵の剣では近づき難く、槍では遅すぎて、(サムライと)遭遇すれば皆両断されて殺される。
これは彼らの武器が鋭利であり、両手で振れる強力で重い刀を自在に用いているためである」

「揮刀如神」 明末期 
「日本のサムライの剣術はまるで神の如しだ。 我々の兵士(明兵)はサムライを見れば皆身が
すくみ逃げ腰になる。 剣術に優れたサムライだが剣術だけではなく飛び道具の扱いも我が銃兵と互角である。
弓の扱いも我が弓兵と互角、その他あらゆる兵科と比べても不足が見つからない。
本当に日本人は殺戮者だ。その家には刀を持たぬものは無く、 子供の頃から武術を鍛えられ始め、
壮年にいたれば手に負えなくなる」

「単刀法選」 程宗猷 1621年
「日本剣術は神秘的だ。左右への跳躍が凄まじく誰にも予測できない。
そのため長技(槍)を使っても毎回刀に負けてしまう」

「広東新語・語器」 屈大均(1630~95)
 「日本人が全力で動く時風のように漂って動く。 常に寡兵で陣に入って来て、
大勢の兵士でも抵抗できない。 その刀の使い方は、長い方で構え守り、短い方で止めを刺す。
しゃがんでいるかの如く低く移動し、決して退かない。 相手が何人いようと対応する、島の中の絶技である」

「大君の都」 Rutherford Alcock 1863年
「彼ら(サムライ)は、相当に熟達した刀の使い手である。小さい方の刀を使うときは、
二度突く必要は無い。たったの一突きで相手に致命傷を与える。大きいほうの刀を使うと、
ただの一振りで相手の四肢を切り捨ててしまう」

34: やかん(宮城県) [sage]:2010/01/04(月) 17:06:05.97 ID:mqgDFtEb
>>22
今の剣道とは全然違うんだろうな
当然か


40: ミキサー(岐阜県) []:2010/01/04(月) 17:08:06.51 ID:spSFFSMd
>>22
なんか血がカーッとなるなこう言うの読むと
こんな感じの本ないですか


130: カッティングマット(北海道) [sage]:2010/01/04(月) 17:49:07.06 ID:oulLOC3v
>>40
日本人がというよりこういうサムライや武者が日本で君臨していったということだろう
公家の記録にも彼らの雄姿はえがかれていたよ


69: ウィンナー巻き(東京都) []:2010/01/04(月) 17:17:12.56 ID:eYoj7Mb8
>>22
これだけ強いという下馬評なのに、朝鮮出兵はなぜ失敗したの?
あの頃の秀吉軍が一番洗練されて極強のだったハズだが、


76: ペーパーナイフ(東京都) []:2010/01/04(月) 17:19:54.91 ID:BetTtseA
>>69
あの時代に海をわたって日本の装備で平壌までいけたんだから十分じゃねーかな


279: スパナ(埼玉県) []:2010/01/04(月) 19:56:05.47 ID:NYuVxGc2
>>69
「明史」
「自倭乱朝鮮七載、喪師数十万、餉数百万、中朝与属国無勝算、至関白 死而禍始息」

(日本との七年に及ぶ戦争によって我が明の士官には数十万、雑兵達には百万の犠牲がでた。
我が国と属国朝鮮に勝算は無かったが、関白豊臣秀吉の死によって戦争は終わった)

島津が泗川の戦いでは7000の寡兵で一説には20万の明朝鮮連合軍を破ってる(明側の史料には死者8万)
西国大名中心の編成なのにめちゃくちゃ強かったよ


153: しらたき(関西) []:2010/01/04(月) 18:04:36.93 ID:nZ3cLQV6
>>22
侍凄過ぎだろw